エネオスカードとTカードクレジットを比較!ヤフーカードで給油がおすすめ!

ガソリンスタンドのENEOS(エネオス)で給油するとき,「Tポイントを貯める」のと「ENEOSカードで値引きを受ける」のでは,どちらがおすすめなのでしょうか?

ENEOS(エネオス)では,TカードでTポイントを貯めることができますが,Tカード一体型クレジットカードなら,さらにお得にTポイントが貯まります。

特に「Yahoo! JAPAN カード(ヤフーカード)」は,年会費も無料で,Tポイント還元率がTカード一体型クレジットカードの中で最も高く,ENEOSの給油でのご利用におすすめです。

他方,ENEOSで給油額が値引きになるクレジットカード「ENEOSカード」には,「S」「P」「C」の3種類があります。給油量が多く,定期的に給油する方は,「ENEOSカードP」や「ENEOSカードC」がお得になる場合もあります。

ここでは,Yahoo! JAPAN カードとENEOSカード3種を数値シミュレーションで比較し,ENEOSの給油におすすめのクレジットカードを明らかにします。

Tカード一体型クレジットカード全22種類を一覧表で比較。最強はこれ!

2018年11月30日

エネオスカードとTカードクレジット,どちらを使うべき?

ENEOSでTポイントを貯めるなら,Tカード一体型クレジットカードの中で最もTポイント還元率が高い Yahoo! JAPAN カード で支払いをするのがおすすめとなります。

また,ENEOSカードには,値引き方法・ポイントの貯まり方が異なる3種類のクレジットカード(S・P・C)があり,月間・年間の給油量の違いによって,おすすめのカードも異なります。

「Tポイントを貯める」ことと「ENEOSカードで割引を受ける」ことの使い分けについて,最初の大まかな目安は次の通りです。

クレジットカード使い分けの目安

  • Yahoo! JAPAN カードはENEOS給油でエネオスTカードの約3倍貯まる。年会費無料。普通の買い物でもTポイントが貯まる。
  • ENEOSカード3種(S・P・C)は「ENEOS給油専用」として使うのがおすすめ。
  • ENEOSカードS は,給油量が少ない人向け。ENEOSでのお得さは Yahoo! JAPAN カード とほぼ互角。年会費は条件付き無料。
  • ENEOSカードP・ENEOSカードCは,給油量が多い人向け。年会費は有料。

ENEOSの給油はヤフーカードでTポイントを貯めるのがおすすめ

ENEOSでは,様々なTカードでTポイントを貯めることができますが, Yahoo! JAPAN カード でクレジット払いをするのが,最もTポイントが貯まりやすく,おすすめです。

また,クレジットカードによるポイント付与や値引きがメリットになるためには,それらが年会費を十分に上回る必要があります。

ENEOSカード3種(S・P・C)の年会費は,有料(P・C)もしくは条件付き無料(S)です。

これに対してYahoo! JAPAN カード は年会費が永年無料なので,給油量が少ないときでも安心して使い続けることができます。

Yahoo! JAPAN カード

【 Yahoo! JAPAN カードのメリット 】

  • Tポイントでクレジット還元(提携先以外でも貯まる)
  • 最高還元率(Tカード一体型クレカ 全22銘柄中)
  • ヤフーショッピングで3%ポイント還元
  • 最大10,000円相当プレゼント(期間固定Tポイント)
  • 年会費 永年無料
  • ツタヤの利用登録料・年会費も無料
  • 主婦・学生の方でも申込みOK
  • 最短2分で審査完了

 


エネオスTカードは「普通のTカード」

ENEOSで作れるTカード「ENEOS Tカード」は,機能としては「普通のTカード」と同じです。

ENEOS TカードでTポイントの付き方が特に有利になったりするわけではありません。

また,ENEOS Tカードにはクレジットカード機能もついていません。

※ ENEOSでTポイントを貯めるための詳しい説明は,下記の記事をご覧ください。

ガソリンスタンドでTポイントを貯めるならエネオス!Tカードクレジットがおすすめ!

2018年11月26日

エネオスカードは3種類(S,P,C)

ENEOSカードは,基本的には「ENEOSでお得に給油をするためのクレジットカード」です。

ENEOSカードは,「ENEOSカードS」「ENEOSカードP」「ENEOSカードC」という3種類のクレジットカードがあります。

3種類のENEOSカードには「年会費の有無」や「ガソリン価格の割引方法」などに違いがあります。

ENEOSカードはENEOSでの値引きが魅力となるクレジットカードですが,給油量やクレジット支払い金額によって「どのクレジットカードがお得か」は変わります。

また,ENEOSカード3種(S・P・C)の年会費は,有料(P・C)もしくは条件付き無料(S)なので,月間・年間の給油量に伴う値引きが,年会費を十分上回る必要があります。

エネオスカードS がおすすめのユーザーはこんな人

ENEOSで給油する際にENEOSカードSで支払うと,ガソリン・軽油が1Lあたり2円引き,灯油が1Lあたり1円引きとなります。

ENEOSカードSの年会費は,初年度無料で,年1回以上のカード利用があれば次年度の年会費も無料となります(1年間に1度もカード利用がない場合には,1,250円の年会費が掛かります)。

ENEOSでENEOSカードS を使うのがおすすめなのは,次のような方です。

ENEOSカードS がおすすめ

  • 給油は少なめ(月に1万円以下が目安)。
  • 年に1度はENEOSカードSを使う。
  • ディーゼル車ユーザーで軽油を使う。
  • ガソリン車ユーザーだがレギュラーのみでハイオクは使わない。
  • 給油専用クレジットカードとしてENEOSカードを使いたい。



【詳細】ヤフーカードとエネオスカードSの比較

Yahoo! JAPAN カードのTポイント付与率と ENEOSカードS の割引率に基づいて,いくつかのシミュレーション(※)をしてみます。

※注意:ENEOS以外でのクレジット払いの発生やキャンペーン等により,シミュレーション結果と実際のポイント付与や割引は異なる場合があります。

両者とも,クレジット払いでENEOSの給油のみをおこない,キャンペーン等のない通常のTポイント付与・割引での比較とします。

Yahoo! JAPAN カードの年会費は無料です。また,ENEOSカードSの年会費は,年1回以上のクレジット払いで無料となるので,こちらも年会費は0として計算しました。

当サイトのシミュレーションでは,おおむね,1Lあたり140円を境に,140円より安ければ ENEOSカードS がお得になり,140円より高ければ Yahoo! JAPAN カード がお得になるという結果になりました。

燃油価格によって,Yahoo! JAPAN カードと ENEOSカードS のお得さが変わることがわかります。

2019年3月現在の相場観では,リッターあたりの単価が安い軽油ではENEOSカードS がお得になり,リッターあたりの単価が高いハイオクではYahoo! JAPAN カード がお得になり,レギュラーガソリンではYahoo! JAPAN カードと ENEOSカードS のどちらでもそう変わらない,という感覚になります。


給油量を30Lの定量としてYahoo! JAPAN カードと ENEOSカードS を比較すると,上図のようになります。

ENEOSカードS は1Lあたり2円引きとなるので,30Lの定量給油なら,値引き額は60円一定となります。

他方,ガソリン価格が上がると,Yahoo! JAPAN カードのポイント付与量が増えることになります。


次に,給油額を3,000円の定額としてYahoo! JAPAN カードと ENEOSカードS を比較すると,上図のようになります。

今度は給油額一定なので,税込100円につき1Tポイントのクレジット還元および税抜200円につき1TポイントのTポイント付与の合算分を獲得できる Yahoo! JAPAN カードが,獲得できるTポイントも一定となります。

他方,ガソリン価格が上がると,定額で給油できる量が下がるので,ENEOSカードS の割引額が下がることになります。

エネオスカードP がおすすめのユーザーはこんな人

ENEOSカードPは,ENEOSカードポイント(Tポイントではありません)が貯まるクレジットカードです。

ENEOSカードPでは,ENEOSでのお支払い1,000円ごとにENEOSカードポイント30ポイントが貯まります(ENEOS以外でのお支払いでは,1,000円ごとにENEOSカードポイント6ポイントが貯まります)。

ENEOSカードポイントは,1,000ポイントごとに,1,000ポイント=1,000円換算で,ENEOSカード利用代金との相殺ができます。

また,1,000ポイントごとに,1,000 ENEOSポイント=700 Tポイント換算で,ENEOSカードポイントをTポイントに交換することができます。

ENEOSカードポイントは2年間有効です。有効期間が終了次第,1カ月単位で失効となります。

ENEOSでENEOSカードP を使うのがおすすめなのは,次のような方です。

ENEOSカードP がおすすめ

  • 給油は多め(月に1万円以上が目安)。
  • 給油は必ずENEOSを使う。
  • 給油専用クレジットカードとしてENEOSカードを使いたい。

【詳細】ヤフーカードとエネオスカードPの比較

Yahoo! JAPAN カード と ENEOSカードP を,クレジット支払金額に対する還元率によって比較します。

エネオスカードC がおすすめのユーザーはこんな人

ENEOSカードCは,1か月間のカード利用金額に応じて,ENEOSでの給油(ガソリン・軽油)支払額が1Lあたり1円~7円の割引になるクレジットカードです。

ENEOSでENEOSカードC を使うのがおすすめなのは,次のような方です。

ENEOSカードC がおすすめ

  • 給油はかなり多い(月に必ず2万円以上)。
  • 給油は必ずENEOSを使う。
  • 給油専用クレジットカードとしてENEOSカードを使いたい。

【詳細】エネオスカード3種(S・P・C)の比較

最後に,ENEOSカード3種(S・P・C)の比較をします。

下の比較は,ガソリン価格を140円/1Lで計算しています。

この比較から,おおむね,給油量が少ない人はENEOSカードSを,給油量が多い人はENEOSカードCを使うとお得になることがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です