コンビニ(ファミリーマート)でTポイントを貯める方法

Tポイントが貯まる・使えるコンビニは「ファミマ」と「サークルK・サンクス」

Tポイントが貯まる・使えるコンビニとしては「ファミマ」と「サークルK・サンクス」を挙げることができます。まず「ファミマ」でTポイントを貯めるためには、お会計の前にTカードを渡して下さい。基本的には、お買い物金額200円につき、Tポイントが1ポイント付与されていきます。なお、ファミマでTポイントが貯まる対象のTカードにはいくつかの種類があります。

まずは、お買い物金額200円ごとに1ポイントが貯まるファミマTカードもしくは、Tカードです。このほかにも、同じくお買い物金額200円ごとに1ポイントが貯まるカードとしては、クレジットポイントも貯まる、クレジット機能が付いたファミマTカード、デビットポイントが貯まるVisaデビット付キャッシュカードがあります。このほかには、500円につき1ポイントが貯まる、Tマネーが利用できるファミマTカードやTカードを挙げることができるのです。なお、ファミマでの買い物をする時に貯まったポイントを使用することも可能です。その場合は、お会計の前に店員さんにカードを渡し、ポイント利用の旨を言います。

一方、サークルK・サンクスのお買い物でTポイントを貯める場合も、ファミマでの方法と同様に、お会計の前にTポイントカードを店員さんに渡します。サークルK・サンクスでも、200円ごとにTポイントが1ポイント貯まってきます。また、貯まったTポイントは1ポイント1円として使用することができるので、使う場合はお会計の前に店員さんにTカードを渡し、ポイント利用で会計をすると伝えるようにしましょう。

「ファミマ」「サークルK・サンクス」でTポイントが貯まらない・使えない商品

ファミマやサークルK・サンクスでは買い物金額に応じてTポイントを貯めることや、貯まったポイントを使用することができますが、細かく見てみると、Tポイントが貯まる・使える商品と、貯まらない・使えない商品が存在します。ファミマのTポイントが貯まらない商品としては、Visaデビット付キャッシュカード・Tマネーが利用できるファミマTカードの場合には、ヤマト宅急便や宅急便コンパクト、金券やハガキの購入のほかにも、電気代やガス代などの代行収納、各種チケットやスポーツ振興くじを挙げることができます。なお、通常のファミマTカードでは、上記の商品に加え、タバコの購入においてもポイントは貯まりません。また、電子マネーチャージやコピーでは通常のTポイントカードだけでなく、クレジット機能がついているものなど、どのポイントカードでもポイントを貯めることはできません。一方、貯まったポイントを使えない商品としては、タバコや切手の購入、公共料金の支払いなどを挙げることができます。

サークルK・サンクスでTポイントが貯まらない・使えない商品に関してですが、貯まらない商品は、一般品・酒・カタログギフト・宅急便以外となっています。具体的には、タバコやギフトカード、各種プリペイドカードに加えて、電子マネーのチャージや切手の購入、コピーやFAX料金などを挙げることができるでしょう。また、ネットプリカやスポーツ振興くじといった、Kステーションサービスの利用にかかった金額はポイントとして加算されません。なお、貯まったポイントを使えない商品としては、一般品・酒・カタログギフト・宅急便に加えて、Kステーションサービスのぴあ・JTBでの利用以外であるといえるでしょう。

一方で、ファミマでTポイントが貯まる・使える商品としては、食品やお酒、日用品やカタログギフトがあります。また、クレジット機能がついたファミマTカードでは、このほかにも、タバコや切手、金券や代行収納の支払いでもポイントが付与され、Visaデビット付キャッシュカードや、Tマネーが利用できるファミマTカードでもチケットの購入で生じた金額分のポイントをもらうことができます。なお、サークルK・サンクスでTポイントが貯まる商品としては、一般品・酒・カタログギフト・宅急便を挙げることができ、ポイントを使える商品としては、上記の商品に加えてKステーションサービスのぴあ・JTBでの利用となっています。

ちなみに、ファミマでは、ポイントを貯めることができる商品や、貯まったポイントを使うことができる商品は、Tポイントカードの種類によって異なります。また、サークルK・サンクスでは、ポイントを貯めたり、使うことができる対象カードがファミマTカードとTカードとなっています。コンビニによって、ポイントの対象となる商品や、ポイントが使える商品が異なっているので気を付けて下さい。

ファミマでさらにお得に貯める(1)ファミランクが上がるとポイントが最大3倍貯まる

ファミマでさらにお得にTポイントを貯めるためには「ファミランク」という制度を活用するのが良いでしょう。ファミランクとは、ランクに応じた特典として、ファミマ店舗での毎月のお買い物金額の合計に応じ、翌月5日~翌々月4日のショッピングポイントがお得に貯まるシステムのことを指しています。このランク特典においては、ブロンズランク・シルバーランク・ゴールドランクといった3つのランク分けがされています。

ブロンズランクでは、お買い物金額200円につき1ポイントのままですが、シルバーランクでは200円につき2ポイント、ゴールドランクでは200円につき3ポイントといったように、ランクに応じて付与されるポイントが多くなっていきます。なお、ポイントを使用する場合は、1ポイント1円として使うことができます。

使いたい時も貯める時と同様に、お会計の前にTポイントカードを渡し、ポイント利用の旨を店員さんに伝えるようにしましょう。ファミランクが上がるとポイントが最大3倍貯まるので、ポイントをより多く貯めたいという方はファミランクでゴールドランクを目指すと良いでしょう。なお、自分のランクに関しては、Tサイトやファミリーマートでお買い物した時に発行されるレシートで確認することができます。

ファミマでさらにお得に貯める(2)ファミマTカード(クレジットカード)でさらに貯まる

ファミマでさらにお得にTポイントを貯める方法2つ目としては、クレジットカード機能が付いたファミマTカードの利用を挙げることができます。ファミマでお会計をする時に、クレジット機能が付いたファミマTカードを渡して、現金で支払いをすると、通常のTポイントカードと同様に合計金額200円ごとにTポイントが1ポイント付与されます。なお、クレジットでの支払いを選択すると、通常のポイントのほかに、追加で200円につき1ポイントがつくので、合計2ポイントもらえるようになります。

また、対象のTポイント提携先で、お会計の時にファミマTカードを提示するとTポイントが貯まるだけでなく、JCB加盟店でクレジットを利用した際には、1回のクレジットご利用金額200円につき1ポイントを貯めることができるのです。さらに、火曜日と土曜日はクレジット払いにより、合計最大7倍のポイントをもらうことが可能になっています。このほかにも、25歳以下の方の利用であれば、クレジットポイントが2倍貯まったりするなど、クレジット機能付きのTカードならではのメリットもたくさんあるのが特徴です。

なお、クレジット機能がついたファミマTカードは、自由返済型のリボ払いカードとなっています。そのため、最少支払金額以上であれば、月々の支払金額を自由に決めることができるのです。また、ファミマTカードと暗証番号があれば、全国のCD・ATMでキャッシングすることができたり、「会員専用ネットサービス」で24時間いつでもキャッシングサービスを利用することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です